FC2ブログ

いぶすき情報プラザのブログ

■「秀ヤンの書き歩き」№67

カット

■「秀ヤンの書き歩き」№67  2013・5・15

  ◎頴娃町の茶畑と開聞岳のコラボ

 すっかり夏を思わせる季節となり、指宿は汗ばむ陽気が続いている。「夏も近づく八十八夜…」の唄に誘われ、お茶の名産地・南九州市頴娃(えい)町を訪れた。以前このブログで、大野岳山頂からのリポートをしたが、今度はその裾野に広がる、お茶畑に足を留めた。

お茶畑

茶の葉の美しさ
  =すでに一番茶は終わり、二番茶の新芽が吹いている。お茶の香りが漂っていた=

開聞岳とコラボ

 頴娃町只角地区。畑といえばほぼ全てに茶畑が広がり、あちこちに製茶工場が点在している。日本人はお茶がなくてはすまない民族。美味しいお茶の生産に情熱を傾ける心意気が伝わってくる。茶畑の緑を間近に見ると、その美しい緑に新鮮な驚きを感じた。茶畑の向こうに聳え立つ「開聞岳」と相まって、見事なコラボだ。こんな素敵な畑で育ったお茶なら美味しいはずだ。お茶を口にするとき、こんな風景を思い浮かべながら一服といきたい。皆さんもどうぞご一服ください。


楽天555
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ibuplaza.blog112.fc2.com/tb.php/419-ece55eeb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。