FC2ブログ

いぶすき情報プラザのブログ

「秀ヤンの書き歩き」№16

カット

■「秀ヤンの書き歩き」№⑯  2012・7・12

 ◎ 幻の「大うなぎ」

  指宿といったらイッシー伝説と大うなぎで有名な池田湖。取材した日はあいにくの雨模様だったが、旅人は天気に左右されることはない。福岡から来たというカップルも、悪天候を突いて池田湖を訪れていた。秀ヤンが池田湖をバックにカメラのシャッターを切ってあげた。

  「池田湖の名物・大うなぎを見ましたか」と聞くと「いえ、今日は見られないみたいです」との返事。いや、そんなはずはない、大うなぎがここの売りだもの、と秀ヤンも久しぶりに大うなぎの写真をブログにアップしたいと、水槽に近寄ると「本日定休」の看板?? 

イッシー看板
 ■「大うなぎ」見物客で賑わうはずの水槽小屋

  なぜ? と思いながら、土産品店のお姉さんに聞いた。「実は先日の台風で、一時避難させたんです。それ以降も天候悪化が続き、なかなか戻せないままなのよ、梅雨明けまで『本日休業』状態かも」と教えてくれた。池田湖に来て、大うなぎが見られないというのは、いかがなものか。地元民として申し訳ない、という気がした。それでもこのカップルはこのあと、「唐船峡そうめん流し」に行くと明るく笑顔で答えてくれた。「大うなぎはまたこの次に鑑賞してください。おいしい、そうめんを堪能して」と、手を振った。

イッシー
  ■一時、新聞テレビで話題になった謎の生物「イッシー」のキャラクター

  話は土産品店のお姉さんに戻る。指宿は「おくら」の名産地として近年、特に力を入れている。お姉さんが土産品の一つとして黙々と袋詰めをしている姿に見入ってしまった。大きさ・形が揃っておりきれいだが、売り物にならない(ほとんど見分けがつかないほどきれいなのに)という籠の中を覗いて、これが商品にならないの? と複雑な思いを抱いたのは、秀ヤンがも農家の出身だからだろうか?

おくら2
  ■観光客を待つ間に黙々とオクラの袋詰めをする

■カット
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ibuplaza.blog112.fc2.com/tb.php/360-699f3e39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。