FC2ブログ

いぶすき情報プラザのブログ

「秀ヤンの書き歩き」№⑮

カット

■「秀ヤンの書き歩き」№⑮  2012・7・9

  ◎ JR本土最南端・感動の「西大山駅」

 人と人の触れ合い、繋がりは実に楽しい。秀ヤンはブログ取材で、JR本土最南端の駅・指宿市の「西大山駅」を久しぶりに訪れた。日曜日とあって同駅は入れ替わり立ち代り観光客の姿が。近年、日本最南端の駅として人気が沸騰、近くに民家も駅舎もない、ホームだけがポツンとある無人駅ながら、人気度・注目度は高い。

 今日は、特に多くの方との出会いがあった。まずは、今日出会った県外の方を列記してみよう(近い順に)。北九州市、尾道市、愛知県、名古屋市、宮城県の方々とこんなに1日で出会いがあった。その西大山駅では、梅雨の合間の素晴らしい天気に恵まれ、薩摩富士と呼ばれる「開聞岳」が、のどかな畑地の向こうにその勇姿を魅せていた。爽やかな風が吹き抜けるホームからの眺めは絶景。折りしも、そこに列車が姿を見せ、薩摩富士と列車のコラボは見事。秀ヤンも貴重な光景、一日数本しか走らない列車に「会えて」ラッキー !

 昨年大震災に遭われた、宮城県からお越しのご夫婦の話が強く印象に残った。当事者から直に震災やその後の様子を伺ったのは初めてのことで、心が痛んだ。未だ途方もない「がれき処理」のことや「原発の問題」など、苦悩が続く宮城県や福島県の実態を垣間見た。一方で「鹿児島は暑いですね! 暑くても温泉は最高。料理も美味しかった。しかし醤油の甘いのには参ったナ」とご主人。薩摩特有の風土を感じておられた。鹿児島は初めてではない様子で、知覧や鹿児島市のことにも話が及び、旅行先での交流の嬉しさ、温かさをお互いに感じた。列車が開聞岳の裾野へ吸い込まれるように姿を消すと同時に、ご夫婦も西大山駅を後にした。(今頃、このブログを覗いてくだされば嬉しいな !)
★西大山駅で
  ■「JR本土最南端の駅 西大山駅」 のどかな風景に心も洗われる
★宮城のご夫婦
  ■宮城県のご夫婦と真ん中に名古屋の女性

★黄色いポスト
  ■幸せを届ける黄色いポスト

★発車したあと
  ■開聞岳に吸い込まれていく列車を見送る

 名古屋市から来たという若い女性は「車で走っていたら、『本土最南端の駅』という案内板に感動し、急きょルート変更、ここに来ました」と、興奮気味に話した。そのとき丁度列車も到着し、彼女を歓迎してくれた=写真にチラリと=。

 また駅前の駐車場の一角には、友人・家族・恋人に愛がこもった便りを送り、絆を深める「幸せを届ける黄色いポスト」があり、温かいものが伝わってくる。ここを訪れる際はあらかじめ準備して、ここで投函してみませんか=写真。

≪豆知識≫ 日本最先端の駅
日本最先端の駅は下記の通りで九州・沖縄には西端と南端の2つの駅があります。
■ 東端…東根室駅(北海道:JR根室線)
■ 南端及び西端…赤嶺駅(沖縄県:沖縄都市モノレール)
■ 北端…稚内駅(北海道;JR宗谷本線)
※ちなみに鉄道の最西端の駅はたびら平戸口駅(長崎県:松浦鉄道西九州線)で、JRの最西端の駅は佐世保駅です。そして鉄道及びJR最南端の駅は、この西大山駅です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ibuplaza.blog112.fc2.com/tb.php/359-151f633c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。