FC2ブログ

いぶすき情報プラザのブログ

■秀ヤンの書き歩き8

カット

■「秀ヤンの書き歩き」№8  2012・6・22(24)

 ◎いぶすき歌声喫茶

 台風が相次ぎ、どうなるのかと危惧していたが、幸いにも鹿児島・指宿地方は直撃を免れ被害は出なかった。しかし、本州各地に豪雨をもたらし被害が出た。お見舞い申し上げます。

 さて秀ヤンは22日、いぶすきフェニックスホテルで行われた「歌声喫茶」を訪ねた。会場に入ってびっくり、予想を上回る70人もの方々の笑顔がそこにあった。この「歌声喫茶」は、月に1回の例会で今回8回目という。夜は宿泊客がくつろぐホテルのクラブで昼間に行われる。ギター、ピアノをバックに、リーダーのユーモア溢れる進行で始まった。叙情歌を中心に懐かしいメロディー、美しい曲が続き、心を洗われる。

かねて演歌しか歌ったことのない秀ヤンは、ちょっと勝手が違った。タマにはこんな曲を歌うのも悪くはない、と演歌特有の「こぶし」を利かさず、皆さんと声をそろえた。

あとで知ったが、歌声喫茶は新聞のお知らせコーナーにも予告記事で紹介されており、遠くは鹿児島市からも10人を超える方が参加されているのにも驚かされた。コーヒータイムを挟みながら約2時間のコーラスは笑顔を残して終わった。また次回の参加を約束して。

歌声きっさ2

歌声きっさ1

◆埼玉から温かいお便りが…

 前回、たまたま参加した埼玉県草加市の安部明子さんという方からの手紙が披露されたが、お名前が紹介された瞬間、前回一緒だったと思われる参加者から「あー、覚えてる~」との声が聞かれた。前回の交流がよっぽど素敵だったのだな、と感じた。

 手紙によると、天気が悪く開聞岳に登れなかった無念さと、歌声喫茶で指宿の方々の温かさを感じ、今回の開催にも飛んで来たかった思いが綴られていた。旅行の途中でこんな素敵な出会いがあると、旅ってホントにいいなあ、と改めて思う。安部さん、ありがとう。貴女の便りで会場が暖かくなりました。

◆24日追伸 ≪埼玉からのお客さん その2 ≫

 「初めて鹿児島に来ました」―埼玉県浦和市から初来鹿された村田さん。実は草加市の安部さんの話題を書いた翌日、鹿児島市で今もっとも勢いのある屋台村(鹿児島中央駅から3分)でまたも埼玉の方と縁があった。

 村田さんは福岡での所用を済ませ「そうだ、鹿児島へ行こう!」と思い立ち、新幹線でやってきたらしい。それも温泉地の指宿へ。ところが、天候が悪化し今夜は鹿児島市泊まりということで、一人で屋台村に来たと言う。秀ヤンの横に席をとった村田さんは、鹿児島芋焼酎を傾けながら、私に指宿のことについて矢継ぎ早の質問。指宿のことで話が大盛り上がり、砂蒸し温泉や人の温かさなどについて、話し込んでしまった。

 初めての鹿児島で秀ヤンと会ったのも何かの縁。楽しくお付き合いさせてもらった。翌日の指宿旅行が素敵な旅になりますようにと、握手して屋台村を後にした。また、どこかで誰かとお会いします!
スポンサーサイト

Comment

歌声喫茶
今日はありがとうございました さすが元記者さんですねー

これからもよろしく 私のブログ 「みんなの家 ローザ マダムようこ新」も見てねー
2012.06.22 20:51 | URL | マダムようこ #- [edit]
Re: 歌声喫茶
昨日は有難うございました。マダム新聞拝見しました。写真がふんだんにあり、楽しく拝見しましたよ。アットホームな歌声喫茶、感動しました。進行もユーモアがありとても良かったと思います。毎回、参加者が増えているとのこと、すごいですね。同行したFMラジオ(全国12局ネット)の有馬アナも、話題の一つとして、この話に触れてみたいと話していました。私も7月から指宿でお世話になります。よろしく!では、また。
2012.06.23 10:38 | URL | いぶすき情報プラザ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ibuplaza.blog112.fc2.com/tb.php/351-221d44f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。